2014年10月01日

『束ね』お披露目会 ご報告♪

9月24日(水) 畳の日


土佐市地域雇用創出推進協議会では

かねてより取り組んでいた

土佐市のイ草を使った商品開発で完成した

『束ね』のお披露目会をしました




場所は

四国で唯一のイ草生産地

土佐市波介(はげ)地区出間(いずま)の

出間公民館
IMG_8557.jpg



IMG_8568.jpg



『束ね』はこんな風にオブジェります
IMG_8561.jpg
箱から取り出し

こんな風にオブジェると

あたり一面に新しい畳の匂いが広がり

心はたちまちリラックス〜






『束ね』展示ひらめき
IMG_8563.jpg



P1030274.jpg



P1030296.jpg





イ草生産過程をパネルでご説明ひらめき
P1030280.JPG






『束ね』は まず

人の背丈近い長さのイ草を切る作業から始まる

と、いう事で



☆イ草をザクザク切ってみようコーナー☆を設置
P1030268.JPG
カンタンるんるんカンタンるんるんと思っても

お初の人には案外 コツがいるのだ






当日は

イ草農家の高達さん、岡崎さん、野村さん

がお忙しい合間を縫ってご来場くださった
P1030264.jpg
お帽子をかぶっている青シャツが岡崎さん 手前が奥様







P1030299.jpg
写真左から

土佐市のイ草で製造した畳表をほぼ全量買取り

県内外に出荷されている野村商店の野村泰徳さん



イ草農家では一番若手の野村和仁さん


高達さんご夫妻


バックショットがわたくし






わたくしが誰よりも誰よりも

『束ね』をご覧いただきたかった方々です。






そして

この日は

奥様がイ草のモニターツアーに来て下さったのがご縁で

イ草の強力な応援団演劇になってくださった

沖野建築ご夫妻




以前に土佐市をご案内したご縁で

土佐市ファン黒ハートになって下さった

池澤さんがご友人と一緒に

足を運んで下さったことも





何にもまして嬉しいご来場でしたもうやだ〜(悲しい顔)





更に

高知さんさんテレビ

テレビ高知

よさこいケーブルネット

高知新聞

などメディアも多数。







ひょっとしたら

テレビTVや新聞で

『束ね』をご覧目になった方もいるかもです。





でっ






「どこで購入できるのか」と言うお問い合わせが相次ぎあせあせ(飛び散る汗)

10月2日〜ルミネ横浜の催事にて

数量限定&先行販売のはずが






急遽 

ドラゴン広場で販売したところ






あっという間に売りきれがく〜(落胆した顔)






現在 販売スペースには
P1030363.JPG
お詫び文書が…(T_T)。





お求めの方には

ドラゴン広場観光案内所で

ご予約も承っておりますので

一声おかけくださいませね





『束ね』は

一束一束が手仕事です





早く皆様のお手元に届けることができるよう

関係者一同

全力で手(グー)頑張りますので

今しばらくお待ちください















posted by 土佐市雇用 at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

「束ね」お披露目会♪

昨日

このブログでご紹介した

土佐い草シリーズ第一便商品

「束ね」

束ねパッケージ 004(編集).jpg

P1030250.jpg

P1030249.jpg

束ね 002(編集).jpg



さて

「束ね」って何ぞやと聞かれたら






それは






イ草の香りを楽しむオブジェ







なのだ。












なので

見ていただきたいのはモチロン

思う存分 香りも楽しんでいただきたい








そこで

明後日

9月24日(水) 【畳の日】に合わせ




四国で唯一のイ草産地である

土佐市波介地区出間の出間公民館にて

「束ね」

展示をするよ。







時間は

13時〜15時





どなたでも出入り自由なので

気楽に来てくださいパスワード





その際ご注意していただきたいことは

ただ一点のみ。





鼻 詰まるべからず。














posted by 土佐市雇用 at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

土佐い草シリーズ第一弾♪「束ね」完成。

これまでに何度もお伝えしてきた

土佐市の「イ草」。







住宅のフローリング化

和紙やビニールと言った工業製品畳の普及

安価な中国産の増加

生産者の高齢化




などなどが原因で

国産の畳が使われなくなり





それに伴って

イ草産業も衰退の一途。





昭和46年頃には

県下で2500軒以上あったイ草農家が

今では

県下どころか

四国で唯一土佐市の3軒のみとなってしまった




こんな事態にほとんどの人が気づいておらず

このままでは

国産の畳が消滅するぞね。






こりゃ、いか〜んっあせあせ(飛び散る汗)という事で

地域の女性に集まっていただき

イ草レスキュー☆なでしこジャパンを結成手(グー)





とにかく

この現状と

イ草や畳の素晴らしさをきちんと伝えていく事が先決と

そうした背景が伝わる

商品づくりに取り組んだ。







完成した商品は

『束ね』
束ねパッケージ 004(編集).jpg




P1030250.jpg



束ね 002(編集).jpg

イ草の凛とした佇まいがとても美しい





そして

新しい畳の香りが

そこここに立ち込める。






ジャパンですなぁ〜〜





内箱には
P1030249.jpg







完成した『束ね』は

10月2日〜5日 横浜ルミネの催事にて

cocoro*kurumuさんが 

数量限定 先行販売
P1030251.jpg
なんと




土佐もついに

関西・横浜と肩を並べたとみえる






ここでの土佐は

土佐市のことながやきね。





土佐市の自然素材

イ草・木毛・土佐和紙が勢ぞろい。




お近くの方は

是非 足を運んでみてください




きっと

土佐モノ達の素敵さに

ノックアウトされると思うでかわいい








そして、今回を含め

今後も『束ね』を制作してくれるのが

土佐和紙インストラクターグループ






初日 イ草のカット作業
P1030205.jpg

P1030207.jpg

P1030206.jpg






2日目 『束ね』加工作業
P1030225.jpg

P1030223.jpg

P1030220.jpg 





3日目 箱詰め

とても真剣に作業していたのに…
P1030238.JPG







わたくし

cocoro*kurumuさんの

あまりに激似形態模写に大爆笑ちう
P1030239.JPG
ひぃぃ〜もうやだ〜(悲しい顔) 笑い過ぎてお腹が痛い…





完成!
P1030240.JPG



輪紙の会は

「土佐市のイ草に関われたことが嬉しい」と

おっしゃって下さり

夜間の連日作業に取り組んでくれた。




活動も心もしっかりと地域に根差し

本当に素晴らしいぴかぴか(新しい)







どうか どうか

『束ね』

多くの方のお手元に届きますように。























posted by 土佐市雇用 at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

「い草」授業♪

土佐市の「高岡高校」では

地域に根差した授業を行いたいという事で

ここ数年来 

授業内容や人選のご相談をいただき

地域の活動や人や産業をお繋ぎしてきた経緯がある。




今年もご相談いただいたので

このブログを見ていただいている方ならご存知





そして「イ草」をご紹介した。





イ草の授業では

イラストレーター中平順子さんの指導で

イ草ストラップを制作かわいい





交通安全の日

生徒さんたちがそれらを

ドライバーに配るのだ。






その時には

小さなリーフレットも同封し

イ草のプチ情報を盛り込むとのこと。






ううむ、嬉しい限りだ






そして





こんな機会もいただきつつ

当協議会を通じて

色んな世代や地域、職業の方々が繋がっていく事が

嬉しくてたまらない。






雇用協議会は

事業の主旨だけでなく

そういうミッションを背負っているのだなぁと

いつもそう思う。






今回も一つのミッションを達成し

一人喜びをしみじみ噛みしめ

いつも通り業務に没頭していたら



しばらくして先生から

「制作の前にイ草についての話を

合田さんからお願いします」





提案された






土佐市のイ草を伝える






これもまた

大事なミッションである。






思春期真っ盛りぴかぴか(新しい)

32名を相手に

「イ草」の話をどうすれば良いのか

見当もつかないが

お引き受けするしかあるまい。






そもそも

イ草を知っているのだろうか…。




そんな不安も抱えつつ

当日は

キンチョーMAXたらーっ(汗)
P1030073.jpg
余裕でストラップの資材を見ているように装っているが

気はそぞろだ








しかしながら

生徒さんたちは「イ草」の話を

すごく真剣に聴いてくれたひらめき
P1030087.jpg
案ずるより産むが易しである。





イ草が

畳の匂いとわかる子が多数いたことも嬉しい





「イ草」の持つ背景や魅力がちゃんと伝われば

「イ草」や「新しい畳の匂い」が懐かしい世代でない

高校生でも関心を寄せてくれるのかな、と思った。






制作活動に入ると

生徒たちはいっせいに賑やかになり

P1030107.jpg



P1030118.jpg


P1030116.jpg
あーでもない こーでもないと

楽しそうに作っていた。





一部男子からは

やはり「う○こ」というワードが飛び出し

男子はこうでなくちゃひらめきという感じで

ほほえましく見ていた私である。





posted by 土佐市雇用 at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

『84(はちよん)会議』でイ草展示

ほとんどの日が雨に見舞われた8月。



けれど

昨日8月31日は

久しぶりに夏らしいお天気で晴れ気温も上がったわーい(嬉しい顔)





宿題に追われたちびっ子は

「なんでよりによってこの日に…

と恨めしかったに違いない。





そして、この日まで

宿題を片付けてなかった我が身を恨むがよい





さて そんな昨日

竹林寺では

森林率84%を誇る日本一の森の国高知県ならではの

第7回『土と木から学ぶ和の暮らし』と題した

84(はちよん)会議が行われた。





今回主催するのは

高知市で木軸組工法住宅を専門にす沖野建築





ゲストは

坂本龍一氏が代表を務める「more trees事務局長 水谷伸吉氏

竹林寺 海老塚和秀住職 のお二方。





そんな素晴らしい会議に

「土佐市のイ草を展示してはひらめき」と

沖野さんの奥様が提案して下さった。





沖野さんの奥様 和賀子さんは

先日当協議会が主催した

イ草のモニターツアーに参加しており

イ草の危機的状況に強く共感手(パー)




自分たちにできる支援をと

今回の提案をお申し出くださったのだ







現在 商品化に向け動いているモノや

これまでのイ草商品の試作品





それに

何と言っても大事な

イ草の背景を伝える資料を持参し

それはそれは

素敵なスペースに展示させていただいた。
P1030136.jpg




P1030137.jpg



P1030117.jpg



P1030118.jpg



P1030125.jpg





日差しが木々に降り注ぎ

心地よい風が吹き抜ける竹林寺。





水谷氏のお話も
P1030122.jpg




ご住職の講和も
P1030127.jpg
心にスッと入ってくる。





そして

イ草にも

たくさんの方が関心を寄せて下さった





イ草の置かれている状況や背景を知るや

誰もが一様に驚き






取り組みのお話をすると

どなたもが

心強いエール演劇を下さった。





わたくしもこの時とばかり

遠慮もせず

「どうか皆様にご支援いただきたい」旨をお伝えし

「ご意見やアイデアがあればいただきたい

と おねだりまでした。






「高知県民がこの事実を知らないのはいけない。

まずは

この事実を県民に伝えて」

と おっしゃり

手を握って下さったご婦人もいらした。






展示してある小さなイ草製品を

クンクンと嗅ぎ

「あ〜るんるん新しい畳の匂いがする〜るんるんるんるんるんるん」と

シアワセそうに目を細める





多くの方のそんな姿を間近で拝見し

こちらまでシアワセ黒ハートになった。




「もっと嗅いでっ」

という気になった






四国の

高知県の

土佐市のイ草認知はまだ 歩き出したばかり。





もっともっと

たくさんの人を幸せにする使命を背負っている。







































posted by 土佐市雇用 at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。