2014年07月30日

イ草の泥染め作業を見学♪

言いたくはないが

毎日 うだるように暑い






信じたくないが、まだ7月もうやだ〜(悲しい顔)






そして






高知の暑さは

これからが本番という

追い打ちをかけるような事実たらーっ(汗)





こんな炎天下のもと

約2週間にわたって行われるイ草の収穫。








イ草は収穫後

鮮度が落ちないうちに

刈り取ったそばから

泥染め作業場へと次々運ばれる。





『泥染め』……?





イ草は

「泥染め」という作業をすることによって

ツヤ弾力性・粘りを生み出し

あの畳独特の美しい色合いや

香りとなる。



また

イ草が元々持っている

吸放湿性やアロマ効果

空気の浄化

抗菌効果などを発揮する。






イ草は イ草のままでは商品にはならない。





イ草が畳になるためにも

商品になるためにも

泥染めは欠かすことのできない

大事な作業だ。








あっexclamation×2

作業場にトラックが来た来たるんるん
1.jpg

このトラックが

一日5往復くらいするそうダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)








泥染めされたイ草は

ちょっとしたおうちの広さくらいはある倉庫で

約半日かけ

大きな乾燥機で乾燥するため

収穫は

その日に乾燥できる量を刈っていく。





つまり

軽トラ5往復分が

一日に乾燥できる量ということだ。







それが約2週間続く






泥染め用の泥、準備OKひらめき


泥は淡路島産。
2.jpg
泥はポンプで隣の機械に流され





お母さんが一束ずつ泥つけ
3.jpg




4.jpg




5.jpg

7.jpg



クルッと一回りしたら

お父さんが引き上げコンテナに並べていく。
8.jpg
こうしてみると

あらためて

イ草の背丈の高さに驚く








9.jpg


10.jpg




11.jpg







軽トラ1回の運搬でこのコンテナ一つ分

つまりは一日に5つ分
14.jpg



13.jpg




いったい泥染めとはどうやって行うのか

常々疑問に思っていたが





はじめてみるイ草の泥染め作業に

わたくしも

他のスタッフも

「ほォォ〜」と見入ってしまった。







お父さんが

見入っている我々に

「今ならまだ収穫しゆうき 見てきたら?」


教えてくれたので





「それーっダッシュ(走り出すさま)」と急いで畑へ。






なぜならイ草の収穫は

朝の4時頃から始まり

8時頃には終わってしまうので

まだ

見たことがなかったのだ。











急いで行ったおかげで

この最後の一畝の収穫を見ることができた。
刈取り後2.jpg
まさしくギリギリセーフ






刈りとったあとは

束にできない短いイ草がいっぱい落ちており
刈取り後1.jpg
これがまた

フカフカで気持ちイイのなんのって〜
写真.JPG
あ…失礼







イ草の芯には

灯心というスポンジ状の組織があるので

見た目と違って

フカフカなのだ。





だから

畳で寝転がると気持ちいいんやね





カエルもフカフカを満喫ちう
フカフカふとん カエル.jpg
















posted by 土佐市雇用 at 11:17| Comment(0) | ひとびと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

土佐市の野菜ソムリエさんがカフェオープン♪

昨年度

当協議会で実施した

女性起業支援セミナー





この講座の卒業生

山崎優子さん

6月1日にカフェ『ハニーガーデン』をオープン





自分らしい人生を歩みたいと

お仕事を退職され

ご実家を改築し

次のライフステージは

ずっと夢だったカフェオーナー。






やっと

うかがう事ができました

P1010714.jpg





店内からは

可愛らしいミニガーデンかわいいかわいいかわいいを眺めることができる。
ハニーガーデン.jpg







山崎さんは

野菜ソムリエの資格をお持ちなので

高知の

美味しいお野菜とフルーツをいっぱい使ったメニューを

提供したい手(パー)と前々からおっしゃってたとおり
P1010715.jpg

フルーツ盛りだくさんの

「フルーツモーニング」がメニューにっ






これは 嬉しぃ〜わーい(嬉しい顔)







店内は

オープンキッチンるんるん





おうちみたいでホッとする。







厨房では

山崎さんがわたくしのために

「ごちそうサラダランチレストラン」をつくってくれており
P1010720.jpg








待っている間に

ギャラリースペースの

絵手紙展を鑑賞。
P1010722.jpg


P1010721.jpg







こういうちょっとしたスペースを大事にするのも

山崎さんらしい。








さて まずは

●赤パプリカと玉ねぎと人参のスープ
P1010724.jpg









●グリルチキンのクリーミーサラダ
P1010725.jpg

写真.jpg
ここにかかっていたソースが

すごく美味しかったので

「山崎さん、コレおいしいっ







と言ったら








「嬉しい〜るんるん

試行錯誤して作ったソースながよ

って。







●クロワッサンサンドとドリンク
ランチA.jpg
完熟メロンとクリームチーズのサンドは

ジューシーで何個でも食べれそう。







ていうか

出されたら食べるけどね








女性にボッチリ〜な量と

バランスの良い野菜とフルーツがいっぱいの

まさしく

『ヘルシーごちそうサラダランチ』







お隣では

50代らしき女性が

70代らしき女性に

「ここのランチはお野菜とフルーツがいっぱいなのよひらめき

もう、何度も来たのよひらめき







と 常連であることをアピールしていた。





私も早く 常連にならなければっっっ




【野菜ソムリエカフェ ハニーガーデン】

住所       高知市朝倉甲291−1
営業時間    8:00〜17:00(OS 16:30)
定休日      水曜日
電話番号    088−877−8915
P1020802.jpg


P1020804.jpg


P1020803.jpg










posted by 土佐市雇用 at 16:37| Comment(0) | ひとびと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

松本さんちのひまわり畑

ご本人が
イヤがるかもしれないので
フルネームは差し控えるけど
土佐市波介(はげ)地区では
松本さんがご自分の畑で
ひまわりを育てられている。
その規模は
とても個人と思えんくらい
P1020289.JPG
P1020292.JPG
すごいでしょう〜
しかも
グングン育っている。
P1020286.JPG
大きいでしょう〜
この日ちょうど
ひまわり畑で松本さんとバッタリ
見頃はあと2週間とのこと。
[ここに地図が表示されます]
お早目にぞね〜









posted by 土佐市雇用 at 16:54| Comment(0) | ひとびと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

イ草レスキュー☆なでしこジャパン

少し前に


というブログ記事を書いた。





の時に

「イ草レスキュー☆なでしこジャパン」

の存在もチラリと書いた。







そしたら

高知新聞土佐支局長の五十嵐氏が

「是非、取材したいゾっ

とおっしゃって下さり

取材メモの運びに。








レスキュー会当日。








五十嵐記者、激写モードカメラ全開
P1020240.JPG






そんな五十嵐記者を誰も気に留めず

会議は「イ草熱」を帯び着々と進む。
P1020233.JPG

P1020234.JPG







6月17日(火)

高知新聞朝刊で

こんなに大きくステキに掲載していただいた。
H26.6.17高知新聞掲載記事@.JPG


H26.6.17高知新聞掲載記事A.JPG





記事にしていただいた事で

翌日

新聞記事の切り抜きを片手に

一人の女性が来局。




「土佐市に移住して1年半くらいだけれど

この記事見て

自分の活動に使えないかと思ってるんるん


おっしゃったので

イ草のハネをお渡したところ







その日の夕刻に

早速こんな可愛いもの作ってお持ち下さった。
P1020265.JPG



なんて嬉しい





イ草をこうして形にして下さったことも嬉しいが




何よりも

五十嵐記者のお蔭で




土佐市の女性が

イ草に関心を示して下さったことが

とてもとても嬉しい。





posted by 土佐市雇用 at 09:41| Comment(2) | ひとびと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

イチ押しのブルーベリー♪

自他ともに認める

食いしん坊のわたくしが

昨年

あまりのオイしさに度肝を抜かれ

夏の間 

毎日、スムージーに使用した

あの名品

西本農園』さんのブルーベリーの時期が

とうとうやってきたexclamation





ついでに言うなら

ブルーベリーなしの生活を恐れたわたくし





大量購入し冷凍でストックしたにも関わらず

冷凍室のドアを閉め忘れるという

ショッキングもうやだ〜(悲しい顔)な出来事に見舞われ

一気にブルーベリーをダメにし

深く落胆したことが昨日のように思い出される…。




心の底から待ちわびた

この季節。





先日

ドラゴン広場の産直「あおぞら市」に並んでいるのを

見つけたときゃ思わず小躍り





早速

今年も西本農園を訪問。






訪問前に連絡をしたら

そろそろ来る頃やと思いよった(笑)」と

すっかり見透かされていた模様わーい(嬉しい顔)






ご期待に添えて何より。





当協議会の新鋭スタッフ田尾くんも同行し

1年ぶりの西本農園へ
P1010991.jpg
西本農園さんは

お花も育てられているので

ハウスにはお花とブルーベリーが同居。





P1010992.jpg


P1010994.jpg


P1010993.jpg


P1010997.jpg
鈴なりとはこのことなりね〜






初のブルーベリー見学で

西本さんの説明をとても楽しそうに聞き入る田尾くん。
P1010995.jpg
そうやぉ♪そうやぉ♪






わたくしは昨年

体験済みなので余裕の見学ハート
P1010999.jpg


P1020001.jpg



「ちぎって食べながら見いや〜ぴかぴか(新しい)


待ってましたの一声を西本さんからいただき

田尾くんと

フレッシュブルーベリーをパクつきながら見学。






とうとう

試食会と化したハウス見学。






西本農園のブルーベリーの美味しさの秘密は

ハウス栽培という事。

これがいわゆる露地ものだと

酸味が強い。

西本さんちのは本当に本当に甘いのだ





その甘さを更に際立たせているのが

完熟販売という事。

なので店頭に並んでも

一日二日しか持たない。

それくらい完熟で販売され

本当に本当に美味しい





ジャムなんかも

お砂糖いらずの果実100%でいけちゃうのだ手(チョキ)









あらためてそんなことを思い出しながら

パクつくわたくしの横で

西本さんの奥さんは

せっせあせあせ(飛び散る汗)とカゴに収穫。
P1020002.jpg
わずかな滞在時間の間に

ちゃちゃっとこれだけ集め
P1020004.jpg
お土産に持たせてくれた〜exclamation





食いしん坊のわたくしだけでなく

普段はポーカーフェイスの田尾くんも

思わず笑み。






そして お花まで〜
P1020006.jpg




西本農園さんの

素晴らしいブルーベリーは

土佐市ドラゴン広場産直「あおぞら市場」で手に入る




収穫は

6月末までくらいやき

日々

わたくしと皆様の争奪戦もありうるかと〜





















posted by 土佐市雇用 at 09:20| Comment(0) | ひとびと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。