2014年08月07日

オシャレな狛犬。

台風の影響で

先週からずっと雨続きの高知。






今日は

本当に久しぶりのおひさま〜






それいっ

今のうち





完成に近づきつつある

宇佐まちあるきコースの

フィールドワークに行ってきたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)







暑い…ふらふら





暑すぎる…たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)





と思っていたら

目に飛び込んできた

この暑さに動じない凛々しいお姿
オサレ狛犬.JPG

凛々しい





けど





可愛い






真新しいイエローでカラフルドット柄の前掛けが

今日の抜けるような青空によく映える









妙なミスマッチ感がなんともだ。








宇佐の狛犬は

ほとんどがこのようなオサレ前掛けを着用









ううむ、なにゆえ〜。








帰りに前を通った

北代菓子店」このような貼紙が手(チョキ)
写真.JPG

ムフフるんるんですな









posted by 土佐市雇用 at 13:33| Comment(0) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

土佐のちょいワク体験コレクションが記事に!

昨日

このブログで

モニターツアーのご報告手(チョキ)をしたが





実はこのモニターツアー

高知新聞の敏腕記者カメラ 五十嵐氏と

ケーブルテレビ映画が随行。




いつも 何か取材していただくたび

出川真っ青がく〜(落胆した顔)のリアクションで

新鮮な驚きを惜しげもなく表現する

五十嵐記者.






今回も同様 出川真っ青







今朝の

高知新聞朝刊記事では






体感した新鮮な驚きをもとに

取り組みへの期待と併せ




土佐市の素晴らしい素材を

しっかりと捉えてくださっている。
P1020798.jpg



P1020797.jpg


posted by 土佐市雇用 at 15:32| Comment(0) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

土佐のちょいワク体験コレクション モニターツアー第2弾♪

現在、

当協議会が市内全域で開発中の

体験型観光メニュー






昨日は

そのモニターツアー第2弾を実施






今回は

『ソヨソヨフワフワ♪土佐市が誇る天然素材体感ツアー』

と 題し






この時期本当にわずかな期間しか見られない

イ草が田んぼ一面にたなびく収穫前の風景見学と

イ草のプチ青空教室メモ




そして、その

イ草&土佐和紙を使ったクラフト体験かわいい





更に

ここではお馴染み

木毛を製造販売されている(有)戸田商行様の工場見学目







といった




土佐市珠玉の天

体感するメニュー構成。





今回のモニターツアー参加者は6名。

全員が市外の女性。






ご案内役は

もちろん

土佐市まちあるきガイドグループ「とさあるく。







土佐市のご案内にかけて

右に出るものはおりませんねわーい(嬉しい顔)




さて

数日前から雨予報だった当日。






いいのか悪いのか

陽炎が揺らめくほどの晴天





いざ、しゅっぱーつ車(セダン)






まずは イ草の田んぼへ。






四国では

もう この土佐市波介(はげ)地区の

3件しか残っていないイ草農家







この

素晴らしい風景は

四国だとここでしか見られない。
P1020747.JPG









まずはイ草とイ草農家のことをレクチャー
IMG_7279.jpg



IMG_7286.jpg
イ草の背景や現在置かれている状況

あるいは

農家さんのご苦労を知って見るのと

知らずに見るでは大違い。






ちょっとしたイ草情報を脳内に入れた後は


イ草を色んな角度から見てみましょう。
IMG_7302.jpg






到着した時からやけど

とにかく皆様

イ草の魅力にどっぷりとハマり







撮るカメラ
IMG_7289.jpg







撮るカメラカメラ







撮りまくるカメラカメラカメラexclamation
IMG_7313.jpg
イ草の圧倒的な美しさを前にすれば

誰だってそうなる。








無理もない








ちょうどイ草の田んぼを一回りした頃

土佐市の畳表(たたみおもて)をほぼ全量買い上げ

土佐市の畳づくりにこだわる

畳店「野村商店」の野村泰徳さんが来てくれた〜右斜め上
IMG_7327.jpg






餅は餅屋というではないか。






グッドタイミングだよ、野村さん手(チョキ)





イ草や畳に関する質問は

野村さんに丸投げし

旨をなでおろす









本当はイ草農家さんにも

お話が伺えればいいのだけれど

収穫の時期は

とにかく早朝からずっと作業をされており

それどころではない。






その代わりに

「とさあるく。」がお話させていただくのだ。





農家の代弁者となれるくらいに

勉強を重ねねばなるまい手(グー)










さて 次は

イ草と土佐和紙のクラフトづくり。
IMG_7156.JPG
イ草の良さがグンっと引き立つ

ミニ掛け軸。





これを作ってお持ち帰りいただく。





水引以外の素材は

全て土佐市のものだ。







何だか誇らしい








地域の公民館に場所を移し

ラッピングコーディネータの

田原あけみさんからレクチャー。
IMG_7378.jpg

IMG_7369.jpg
皆様

真剣そのものであるひらめき







苦戦しながらも

それぞれに完成。







持ち帰ったあとは

是非 おうちに飾っていただき

イ草の香りと佇まいを楽しんでいただきたいと思う。







最後は

木毛製造販売会社の(有)戸田商行へ。





こちらも大人気





イ草に負けない

魅力あふれる素材だ。
IMG_7441.jpg

IMG_7495.jpg





そして

工場もまた素晴らしい
IMG_7493.jpg
長い間 修理を繰り返し

大切に使われてきた

味と風格のある木材削り器がズラリと並び
IMG_7423.jpg





木毛と言う繊細な素材が生まれてくるサマは

圧巻であり感嘆に値する。







この日は

(有)戸田商行の取締役 戸田実知子さんが

ご説明して下さり
IMG_7392.jpg

IMG_7403.jpg
嫁いできた身であるのに

木毛の魅力に見せられ

家業を支えている姿は

木毛以上の感嘆に値する






今回の

モニターツアーはこれにて終了





土佐市で

貴重な産業を続けてきてくださった

イ草農家さん

(有)戸田商行さん

私達は感謝し

この産業が地域から失われることのないよう

心を寄せていかなければと思う。







posted by 土佐市雇用 at 17:35| Comment(0) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

今月号の「ほっとこうち」に。

今月号の「ほっうち」

P1010917.JPG


高知を元気にする応援団コーナーに




土佐市のまちあるきガイドグループ『とさあるく。』


デデ〜ンっと出ておりまするぴかぴか(新しい)
P1010916.jpg

えへへっ















posted by 土佐市雇用 at 15:44| Comment(0) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

新発見ゾクゾク☆

今年度に入ってから

土佐市のまちあるきガイドグループ

「とさあるく。」と一緒に

宇佐のまちあるきコースをつくりゆうのは

ご承知のとおり手(パー)





いう事で




週末の19日(土)と20日(日)も

宇佐でフィールドワークダッシュ(走り出すさま)




当協議会からは

ニューフェイスぴかぴか(新しい)の田尾くん。



とさあるく。からは



わたくしは

雇用協議会でもあり

とさあるく。のスタッフでもあり




そんな3人でトコトコ。





土曜日は

お天気も良く暑いくらい.


帽子にストール、手袋と完全防備。
P1010813.jpg
暑いあせあせ(飛び散る汗)…けど 頑張る




●水門

川には海からの赤ちゃんボラがいっぱいexclamation

ウナギの仕掛けまであったき

ここは もはや海船
P1010833.jpg




●薬局と見せかけてからの〜中はまさかの食堂
P1010837.jpg



P1010846.jpg


●店頭での揚げ物が大人気の 西村精肉店

歩きよったらちょうど小腹も空いてきた.


「一個からでもかまんよるんるん」っておばちゃんが言うてくれたき

から揚げ3個頼んだら

コロッケと芋天を一人に一個づつサービスしてくれた


頼んだものより多いって…サービス精神ハンパない宇佐人。
P1010845.jpg
実はコレも美味しそうやったき

次に行ったらコレを頼むぞね。


おばちゃん

待っててねン





●カラフルな扉の倉庫

アートやね
P1010853.jpg


●千崎製麺

「冷麺はじめました」 にまんまとつられ。

ちょっと硬めの冷たい麺がツルツルとのどを通り 美味しい〜



さっき

から揚げやらコロッケを食べたことは内緒にしてよ



お値段 250円。

消費税に左右されない店主の心意気価格手(グー)
P1010859.jpg




●「ニコホン」

県外から来た私は全く馴染みがないけど

田原さんは「懐かしい〜」って言いよった。

さっぱりわからん
P1010858.jpg


てなことで この日は終了






翌日曜日は

朝から雨



雨だろうとなんだろうと

宇佐を歩くぞねダッシュ(走り出すさま)




この日は

ちょっと狭い路地を選んで歩く。




そしたら

全国共通の懐かしいモノ発見ひらめき
P1010861.jpg
3人で

「これって動くがやぉか…」としばし悩む。



 

「よし、100円いれてみよう

と田原さん100円投入。



すぐさま

中央にお砂糖が落ちてきて

ウィ〜ンって機械の中に風が流れて台風

綿菓子ができ始めた



「ゆうこりん、お箸あるっexclamation&question]

「あっ、ほらココにっココにあるよっ



アセるあせあせ(飛び散る汗)二人。



心の準備が整わぬまま

綿菓子づくりに必死な田原さん。
P1010865.jpg



そして


落下
P1010866.jpg



それを見て

ココロの準備をしてから

落ち着いて100円を投入するわたくし
P1010869.jpg




そして

無事 ありつく
P1010870.jpg
人間

学習が大事ですなかわいい




若い田尾君は初チャレンジ。


「もっと大きいのを作ってみたい…」と

密かな野望を語る田尾君。



叶うといいねわーい(嬉しい顔)






宇佐は路地が多いので

事故を防ぐための「止まれ」がいっぱい



そして「止まれ」の種類もいっぱい
P1010871.jpg


P1010903.jpg


P1010904.jpg




下から眺める宇佐大橋はいつもと違う感じ
P1010885.jpg




午後近くには

雨も上がり陽も晴れ射しはじめた。




そして この日

綿菓子を超える右斜め上テンションだったのが

フカフカの浜辺
P1010898.jpg
雪の中を歩いているような

フッカフカの砂浜に

「なにこれーーーっ

と浮かれる大人3人。 






浮かれるあまり



こんなこともしてみた。
P1010899.jpg
太陽 海 砂浜 流木とくれば

書くしかない




浮かれ気分は絶好調だ




ただ…

今となれば


大好きな江頭2:50分と

相合傘でも書けばよかったと

ちょっと悔やみ中。










posted by 土佐市雇用 at 15:47| Comment(0) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。