2014年11月18日

11月の仁淀川で「SUP体験&奥様お手製ランチ」モニター実施☆

さすがの高知も

一気に冬モードへと突入した先週。



そんな先
週末

当協議会では土佐市新居(にい)で

サーフショップを営む溝渕さんご夫婦のご協力のもと

SUP体験&奥様お手製ランチつき」モニターを実施。




SUP…???





SUPとはこんな風に

SUP.jpg
スタンドアップパドルの略で

ボードの上に立って漕ぐ新たな水上スポーツ。



老若男女を問わず

川面から美しい仁淀川を

自分のペースでゆるりと楽しむことができる。




土佐市の新たな観光資源として

ひときわ光を放つメニューになる予感がビンビンする。




冬モードに加速しつつあった高知だが

週末だけは

ピタリと風もやみ

気温も上がり


11月にしてはSUPにもってこいの日和となった。






誰とは言わないが

これも日頃の行いの結果あでろう。





まずは出発場所で



溝渕さんから30分ほど

諸注意、乗り方や漕ぎ方、コツと

川を下る前の練習をレクチャーいただく。
IMG_9424.jpg


IMG_9416.jpg



IMG_9422.jpg


IMG_9439.jpg




最初は濡れることすらためらっていた参加者も

ちょっと濡れてしまえばもうへっちゃらだ。
IMG_9447.jpg

IMG_9450.jpg


IMG_9471.jpg
あくまでも

参加しないわたくしが

端から見ていての感想なので




本当は「冷たい」と思っているかもしれないが

そんなことは知ったことではない。




慣れて来たら

いよいよ立ち上がり仁淀川を下って行く。
IMG_9478.jpg


IMG_9497.jpg



IMG_9486.jpg






川を下るその時の彼らには

アドベンチャー感が漂い

見ているわたくしもワクワクしてきた。








がっ、ここでわたくしは用事で一旦

土佐市新居のサーフショップまで戻り




その後




淀川を下る彼らの雄姿を撮影する為

姿を探し求めて

再び川べりを上るという

まさに川べりアドベンチャー。








ようやく見つけた絶好の撮影ポイントで

しばらく待っていると






遠くの方に ちっちゃく






いたーっ
IMG_9530.jpg

IMG_9538.jpg
なんと

鳥たちが見守り




そして

舞っているではないか




すぐさま わたしの脳内では

杉田かおるの

「鳥よ〜♪鳥よ〜♪ 鳥たちよ〜♪」

が流れ







何に感動したのかわからない涙が

目頭を熱くするもうやだ〜(悲しい顔)








なんだろう、この嬉しさと感動は。






ツチノコでも発見したくらいの見つけた感に

見た目にこそ平静を装うが

内心テンションアップ





参加者も気づいて下さり

手を振ったり近寄ってきてくれたり。
写真A.JPG


IMG_9590.jpg



IMG_9576.jpg



IMG_9586.jpg



IMG_9588.jpg
あぁ、一段と嬉しさが増す






誰もが口々に

「楽しいっっるんるん仁淀川が本当に美しいっexclamation×2

とおっしゃっている。





ほとんどの方が川へ落下したそうだが

今日は寒くない、むしろ暑いと

そう言わせるSUPの運動量。







仁淀川の素晴らしさが

SUPの楽しさと融合し

やる人も見る人もウキウキだ。





レクチャーも入れ約2時間ほど楽しんだ後は






溝渕さん経営する

サーフ&カフェ「BM」に行き






奥様お手製のランチをいただく〜ハート





●土佐市のお野菜ふんだんサラダ

IMG_9613.jpg



●特製カレー
IMG_9616.jpg




皆様

腹ペコだったらしく

「おいしい、おいしい」を連発しながら

みるみる完食。






そして

最後は

自分でデコるカップケーキ






デコる姿が似合う人も
写真F.JPG






そうでない人も
写真G.JPG

写真H.JPG
特に男性陣は

生まれて初めての体験につき

「楽しい…ハート」と

乙女ゴゴロがはじけていた。





そして 撮っていた。
写真J.JPG





11月開催となり

一時厳しくなった寒さに

どうなることかと心配もしたが

無事に終わりホッ。




溝渕ご夫妻のご協力と

参加者のアクティブさに助けられ

本当に良いモニター実施となりました。
IMG_9632.jpg

IMG_9633.jpg




わたくし

今回は

イメージトレーニングだけは十分積んだので






来年は是非

杉田かおるの「鳥の歌」を

この身でリアル体験したいと考えております。











posted by 土佐市雇用 at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。