2014年08月15日

青ノリ事件。

昨日仕事が終わってから会があり

その最中から激しい空腹におそわれた。


会の終了後
会場を出たら正面にはお好み焼き屋。


ニホヒに釣られ
釣られなくとも行くけれど
スジコン&カルピスという
自分なりのベストコンビを完食。


大満足し帰ろうとした時
歯に青ノリが挟まっている感じに気がついた。


洗面所に行こうかどうしようか
一瞬迷ったが
あとは支払いを済ませ帰るだけ。


ま、いいか♪と
そのままレジへ。

もちろんレジで余計なことは喋るまい。


「ごちそうさま」という時だって
心なしかうつむき加減だ。


なんなく支払いを済ませ
唯一の難関を突破したと思ったその時
「合田クンのお母さんですよね♪」
と満面の笑みでレジの女の子。



不意をつかれ
「そうよ♡」と
こちらも笑顔で答えてギクっとした。



「そうよ♡」と答えた口元には
きっと青々としたノリがあるはずなのだ。



合田クンのお母さんは
青ノリがこんにちは♪しているはずなのだ。



たかが青ノリ。
されど青ノリ。



青ノリの破壊力は 誰もが知っている。



その後の会話は何を喋ったかもよく覚えておらず
ただただ
どうにかして青ノリの見える面積を小さくしようと
上唇を意識して長めに降ろし
文字通り鼻の下を伸ばしながら
喋っていたことしか覚えていない。


そんな時に
「うちの母が合田クンのお母さんは
おきれいな人よ、って言ってました」
と言ってくれたが


バイトを終え
家に帰った彼女が
母親にどう報告したかを考えると
胸が痛い。



あのとき
洗面所に行かなかった自分が悔やまれる








posted by 土佐市雇用 at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。