2014年07月22日

キリンサイにご対面♡

連休明けで

脳みそがゆっくり回転の今日




キリンサイブランド化協議会メンバーに連れられ

サンサンと照りつける太陽のもと

船でキリンサイの養殖場にゴーっ船




集合場所は

土佐市宇佐町の

「高知大学総合研究センター
     海洋生物研究教育施設」
写真@.JPG








思い返せば数年前………もうやだ〜(悲しい顔)








3メートルの波の中

ホエールウォッチングに出航し

私のとんでもない船酔いのせいで

あと少しでイルカに遭遇という時に

船を引き換えさせるという

乗船者全員に大迷惑をかけ

相当な汚点を残したいきさつがある。







研究所に車を走らせつつ車(セダン)

「引き返すなら今だ…」








心の中の私がつぶやく。






仕事の責任と

もう二度とあんな思いはしたくないという

葛藤を繰り返しながら

皆には悟られぬよう笑顔で到着。









着いたからには

出航せねばなるまい。








腹は決まった。








同船する

キリンサイブランド化協議会 Mr.和食(わじき)会長
写真A.JPG
わたくしの不安など無関係

余裕のシェレオツないでたち。






今度こそ

他人さまを巻き添えにしてはなるまいと

人知れず心に固く誓う手(グー)








ところが

わたくしの不安をよそに

船はあっけなく養殖場につき








和気あいあいと見学へ。







この籠の中には成長途中のキリンサイが。

10センチに満たないときは魚に食べられてしまうので

こうして保護しているのだとか。




フムフム。
写真B.JPG

写真C.JPG





・同協議会 Mr.所(ところ)副会長

 長靴と厳しい表情が似合うとりますね。
写真H.JPG





次は

大学内の水槽で養殖されているキリンサイを見学目
写真D.JPG







「キレイ〜
写真E.JPG

パツッとしてプリッとして

グリーンで透明感があって。

ツヤツヤでピカぴかぴか(新しい)ピカしている。







生まれて初めて触れる

生(なま)キリンサイの感触に

テンション上がり気味のわたくし
写真F.JPG



写真G.JPG
想像以上の感触だ








柔らかいとおもって触れたお肌に

女子高生くらいのハリ感があり

驚いた






といったらお分かりいただけるだろうか








誰のお肌を想像するかは

おのおのにお任せするとしよう。






















posted by 土佐市雇用 at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。