2014年06月18日

キリンでもサイでもないよキリンサイ

6月10日(火)


高知新聞朝刊に こんな記事が
P1020172.jpg




P1020175.jpg














先日立ち上がったばかりの

キリンサイブランド化協議会







キリンサイ……







そう キリンサイ。







キリン…サイ…。






いえいえ






キリンサイ










以前

当協議会で製作した

食材の本当」には

こんな風にご紹介しちゅうよ。
P1020226.jpg
実は 海藻。






キリンの角のような形の海藻であることから

【麒麟菜(キリンサイ)】って言うが手(パー)
キリンサイ2012.8.jpg
もともとは

ハワイや東南アジアなどの

熱帯サンゴ礁に自生しているもので




日本では

高知大学の大野教授がフィリピンから持ち帰り

養殖したのがはじまり。




キリンサイに並々ならぬ情熱をお持ちの大野氏ひらめき
P1020163.jpg






と、いう事で

現在日本で養殖されているのは

高知県土佐市のみ。






そこで

キリンサイを全国区にしようと

「キリンサイブランド化協議会」の

立ち上げとなったが。







会長は

グランディールの和食氏
P1020150.jpg





この日は

グランディールで

キリンサイの試食会レストラン






参加者は

キリンサイブランド化協議会のメンバーと

フードコーディネーター 大原一郎氏
P1020165.jpg

や、高知大学関係者

土佐市

高知県職員

キリンサイ加工食品会社




そして 我が

土佐市地域雇用創出推進協議会






など

20名近く。






キリンサイを

美味しく料理して下さるのは

グランディールの総料理長

「現代の名工」島田和幸シェフ。
P1020153.jpg
お料理の説明をする島田シェフ。






それではキリンサイづくしをご覧あれ〜
P1020145.jpg






・ウナギのパイ包みとマッシュポテト
P1020146.jpg
パイとウナギの間にキリンサイ




マッシュポテトには粉末のキリンサイ
P1020162.jpg

ちょこっと 緑色の粒がみえておりますね。

これが キリンサイの粉末。






●キリンサイハンバーグ
P1020147.jpg


中に キリンサイ。
P1020161.jpg




●キリンサイのミネストローネ
P1020149.jpg



P1020154.jpg



●キリンサイサラダ
P1020148.jpg







まだまだあるよ キリンサイ。

●デザート3種
P1020168.jpg
プリン・ブリュレ・シフォンケーキ



P1020171.jpg
シフォンケーキにも粉末の粒々が見え隠れしておるね。





今回使用したキリンサイは

粉末にしたものと

生(ナマ)をいったん冷凍しお湯で解凍したものを使うちゅう。
P1020167.jpg
左が粉末キリンサイ  右が冷凍キリンサイ



キリンサイの冷凍ブロックを
P1020166.jpg






お湯で解凍したら

こんなきれいなグリーンぴかぴか(新しい)に。
P1020156.jpg





キリンサイは栄養価が非常に高く

無味無臭であることから

色んな活用方法が考えられそう






そして

この日の高知新聞には

人一倍嬉しそうにキリンサイを頬張る

わたくしの様子が容赦なく掲載されており
P1020173.jpg
またもや




自分がまぎれもなく

「食いしん坊」であることを思い知るハメに…。













posted by 土佐市雇用 at 14:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

帽子デザイナーさんをご案内♪

沖縄県のご出身で

現在

高知でご活躍されている帽子デザイナーの山本正子さん。






今日はわたくしが

土佐市をご案内。






正子さん

さすがのお帽子着用。





しかも

土佐和紙。




しかも

もう十年くらい愛用されているのだとか。
P1020187.jpg
実際に拝見すると

まるで

レザーのような風合い。





既に

我々凡人とは何かしら違うオーラが漂う。





さて

まずは

土佐和紙製造販売潟c潟Tの

アンテナショップ『レディリサ』へレッツゴー。





お店では

専務の森澤美智さんがお待ちかね



早速

正子さんのお帽子に興味津々。
P1020188.jpg




「これが和紙だんなんて〜
P1020189.jpg






他にも

持参して下さったいくつかのお帽子を見せていただいた。







上から。



モスグリーンは和紙。

白いのはレース。




そして

一番手前のは

なんと 大漁旗
P1020192.jpg






山本さんのお帽子は

三越などにも納められており




それこそ

美智子皇后陛下がお召しになるような感じのお帽子も

作られているが




こうした

色んな素材でも製作されている。







そして

こんな材料でも




こちらは段ボール
P1020193.jpg








わたくしが着用するとこうなる
P1020201.jpg
そこにいた全員に





「似合うわ〜揺れるハートとっても。」

と言っていただき





もしかしたら私は

ものすごく段ボールが似合う女なんじゃないか

という気がして

満更でもない気分になった。







だからと言って

この先

ものすごく段ボールが似合う女」として

どう

生きていけば良いのかも

よくわからない。









お次は

イ草の圃場見学
P1020202.jpg
タニシがいっぱいいる〜目

覗きこんでいるのは

県職員の嶋崎さん。







はじめて見るイ草の圃場に

山本さんも感動しており

それを間近で拝見した私も

「お連れして本当に良かったよぴかぴか(新しい)


心の底から思うた。








最後は

木毛(モクモウ)製造の(有)戸田商行さんへ。




工場を見るなり

「いいわーっ」と

山本さん絶賛の木毛。
P1020213.jpg
「ちょっと合田さん、ほんといいわ〜ひらめき





何度も

戸田さんと私におっしゃってくださった。
P1020222.jpg
木毛を使っての試作品も思いつかれたようで

帰りは

ルンルンしておられた。






そして

戸田さんには

大漁旗のお帽子をチョイス。
P1020209.jpg
ものすごくお似合いである。








これから土佐市で

わたくしと戸田さんは





段ボールと大漁旗がものすごく似合う女

としての道を

全うするのだ。





















posted by 土佐市雇用 at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

中土佐町でイチゴ狩り

先週の日曜日




中土佐町へイチゴ狩りにダッシュ(走り出すさま)





中土佐町と言えば

イチゴ農家のお母さんたちが運営するカフェレストラン

『風工房』があり





そこで提供される

数々のイチゴスイーツは

女性の心をワシ揺れるハートづかみ。





そんな

中土佐町のイチゴ農家さんに行くのだから

私が多少浮かれていても

許してほしい。






さて この日は

高知県立大からの女子大生5人も参加。





イチゴ農家の西村幸多さんは

ひょっとしたら

私以上に浮かれているかもしれない。
P1020870.jpg



P1020868.jpg






ハウスの中は

イチゴの甘い香りがプンプン。
P1020886.jpg



P1020869.jpg



P1020879.jpg

・イチゴのお花♪
P1020878.jpg








人間の私ですら

甘い香りにフラフラとしてしまうのだから

虫とて

この甘い香りに魅せられるであろう。
P1020885.jpg
うっかりフラフラしていると

わたくしもイチゴに魅せられ

こうなるかもしれない身。





気をつけねば





「もう時期も終わりなので

食べながらいっぱい収穫して下さいね」

という

西村さんのお言葉を

素直に受け止め











たんまりと収穫。











写真ではわかりにくいが

既に

相当数のイチゴが腹に収まり

心なしか 下腹がパツパツ。
P1020888.jpg
それもこれも

西村さんのお言葉を

素直に受け止めた故である。





最後は

収穫が済んだあとの

苗の始末を体験させていただき

あの広いハウス一面の苗を

ひとつひとつするのかと思うと

あらためて

農家さんの一年に及ぶご苦労に頭が下がる。







今回

このイチゴ狩りは

中土佐町農林課のNさんから

お声掛けしていただいた手(パー)







そのNさんの恩師が急遽

家に呼んで下さり

何でも

ピザ窯でピザを焼いて下さるという。





ピザの材料は

恩師のハウスで収穫。




まさか

中土佐町まで来て

ハウスのハシゴをするとは

夢にも思わず

それでも

ピザのためにせっせと皆で収穫。






・オクラってこんな風に生っているのねン。
P1020898.jpg



P1020903.jpg





・キュウリのツル。クルンとしてかわいい。
P1020905.jpg

P1020909.jpg








「今は木苺もあるから採っていこう

と、いうので

小学生以来の木苺摘みに参戦るんるん





いっぱい採れた
木苺 (1).JPG






それらを持って 着いた恩師の家家
P1020911.jpg


庭A.JPG


庭@.JPG



P1020915.jpg
なんともステキ






工房らしきところには

ピザ窯があり
P1020916.jpg
奥様お手製のピザ生地に

先程収穫した野菜やら木苺やらを

女子大生がトッピングし

焼き立てをごちそうになった





・お野菜たっぷりのピザ
P1020917.jpg







・木苺のピザ
P1020924.jpg





・ふかしいも…めっちゃ美味しかったかわいい

勿論、イモは恩師が育てたもの。
P1020921.jpg






ちなみに

恩師の庭では原木シイタケも栽培している。
P1020927.jpg





本格的な陶芸もされ

香川のうどん屋にも陶器を収めているという

只者ではない恩師
P1020925.jpg






先程から

恩師 恩師と言っているが

あくまでもNさんの恩師であり





また

恩師には

『池田ファミリーファーム』代表という

立派な肩書があることも

お伝えしておかねばなるまいひらめきひらめきひらめき












posted by 土佐市雇用 at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

イ草にヒカリをあてる。

4月のブログでお伝えしたがやけど

4月29日畳の日ながね手(パー)






畳と言えば『イ草』。
IMG_2035.JPG
これまでに何度も言うたけど




また 言うけど

ホンマに美しいぴかぴか(新しい)






そして

その『イ草







土佐市で

いやあせあせ(飛び散る汗)

四国で






いやいやあせあせ(飛び散る汗)

日本全国的に

畳の原料「イ草」は危機的状況ながです。






という事は






早いうちに

とはいえ、もう遅いくらいながやけど

手を打たないと





日本で

イ草を生産してくれる農家さんはおらんなって

中国産やイ草以外の畳で暮らさんといかんなる。






あの

慣れ親しんだ

畳独特のニホヒがもう

二度と嗅げんなる。





いかんぞねーっ






そこで

イ草存続のために立ち上がったのが

イ草レスキューなでしこジャパン
P1020110.JPG








土佐市の

色んなジャンルの女性が集まり

イ草を使った商品開発に取り組むのだ手(グー)
P1020112.JPG


P1020807.jpg

女性ならではの視点で

イ草にヒカリをあてたい。

































posted by 土佐市雇用 at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

土佐市のちょいワク体験コレクション@

ここでよくお伝え演劇しゆうように

現在

当協議会では

土佐市のまちあるきガイドグループ

『とさあるく。』と一緒に

宇佐のまちあるきコースを開発中手(チョキ)






で、実は

それと並行して






高岡や宇佐の

まちあるきにいらしたお客様に

(そうでない方にも)

もっと

土佐市で楽しんでもらおうと

市内全域で

ちょこっとした体験型のメニューもたくさん作りゆうがね






5月31日(土)は

そのメニューのモニター体験第1弾






この日は

[ブルーベリー収穫アイスクリンモリモリ体験]






ラッキーなモニターは

市内外からの女性3人かわいい





出発前

当協議会観光事業担当

ニューフェイス田尾くんの説明を

気もそぞろに聴きゆう。
P1020819.JPG







田尾君からの説明も終わったところで

いざ しゅっぱーつ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)






ブルーベリーハウスの前では

農園主の

西本澄夫さんと奥さんがお出迎え
P1020822.JPG






収穫の時のコツや注意点ひらめき

美味しさのヒミツなどをレクチャーメモしてくれた。
P1020824.JPG





なかなか見れないブルーベリーの大群を前に

モニターさんたちは

まず写真撮影を開始カメラ
P1020834.JPG
ひとしきり撮り終われば






いよいよ収穫







西本さんちのブルーベリーは

大きくて甘いっ




とにかく 大きくて甘いっ。
P1020832.JPG
「食べながら収穫しいや〜わーい(嬉しい顔)」という

西本さんのお言葉に誰もが甘え





もいで(ちぎって)は頬張り

頬張りつつ収穫するという

難しい技を誰もがいとも簡単にこなす。







ドンドンこなす







入れ物いっぱいに収穫されたブルーベリー、

今度は 選別。




西本さんの選別作業を見る目
P1020837.JPG


P1020838.JPG

P1020839.JPG






みなさま

ご自分の分はパック詰め
収穫したブルーベリー.jpg


P1020841.JPG
お値段にすれば相当な量なので

ご満悦〜






最後は 

お世話になった

西本さんご夫妻と記念撮影
P1020842.JPG
各自の手には 

山盛りのブルーベリーが。







西本さんに

お名残惜しい別れを告げ






お次は

宇佐の川崎アイスクリンさんへ。




自分で好きなアイスクリンを盛り付けるるんるん




ちょっとしたコツを教えてくれる

川崎さん
IMG_6124.jpg
「ここのところに こうやって力を入れて〜」






では

やってみましょう
IMG_6131.jpg
イチゴとブルーハワイとバニラ





自分好みの味をチョイスキスマークするのも

自分で好きな分量を盛れるのも

楽しい






いや、

とても楽しそうだ〜






「うらやましいナ…」と

指をくわえて見ていたら

この日 同行していた

県職員の中井クンがご馳走してくれると言ったので

迷わずイチゴとブルーハワイをチョイス。





中井クン

ただ 付いてきただけかと思ったら

この日一番の働きを見せ

お株 急上昇なり右斜め上ぴかぴか(新しい)











ここでもまたもや

頬張りながら

アイスクリンの秘密を聴く面々。
P1020844.JPG



最後は

隣の神社でアンケートを記入していただき

終了。






でも

時間があったので

現在 開発中の

宇佐まちあるきコースをちょっとご案内して

とっても喜んでもろうた。





こういう

ちょこっとしたワクワクが体験できるメニューを通じて

土佐市の素敵な

場所モノをいっぱい知ってもらえたら嬉しいな。





これから

第2弾、第3弾内容を変えながら

モニター体験をするきね。




乞う ご期待〜



























posted by 土佐市雇用 at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。