2014年04月21日

新発見ゾクゾク☆

今年度に入ってから

土佐市のまちあるきガイドグループ

「とさあるく。」と一緒に

宇佐のまちあるきコースをつくりゆうのは

ご承知のとおり手(パー)





いう事で




週末の19日(土)と20日(日)も

宇佐でフィールドワークダッシュ(走り出すさま)




当協議会からは

ニューフェイスぴかぴか(新しい)の田尾くん。



とさあるく。からは



わたくしは

雇用協議会でもあり

とさあるく。のスタッフでもあり




そんな3人でトコトコ。





土曜日は

お天気も良く暑いくらい.


帽子にストール、手袋と完全防備。
P1010813.jpg
暑いあせあせ(飛び散る汗)…けど 頑張る




●水門

川には海からの赤ちゃんボラがいっぱいexclamation

ウナギの仕掛けまであったき

ここは もはや海船
P1010833.jpg




●薬局と見せかけてからの〜中はまさかの食堂
P1010837.jpg



P1010846.jpg


●店頭での揚げ物が大人気の 西村精肉店

歩きよったらちょうど小腹も空いてきた.


「一個からでもかまんよるんるん」っておばちゃんが言うてくれたき

から揚げ3個頼んだら

コロッケと芋天を一人に一個づつサービスしてくれた


頼んだものより多いって…サービス精神ハンパない宇佐人。
P1010845.jpg
実はコレも美味しそうやったき

次に行ったらコレを頼むぞね。


おばちゃん

待っててねン





●カラフルな扉の倉庫

アートやね
P1010853.jpg


●千崎製麺

「冷麺はじめました」 にまんまとつられ。

ちょっと硬めの冷たい麺がツルツルとのどを通り 美味しい〜



さっき

から揚げやらコロッケを食べたことは内緒にしてよ



お値段 250円。

消費税に左右されない店主の心意気価格手(グー)
P1010859.jpg




●「ニコホン」

県外から来た私は全く馴染みがないけど

田原さんは「懐かしい〜」って言いよった。

さっぱりわからん
P1010858.jpg


てなことで この日は終了






翌日曜日は

朝から雨



雨だろうとなんだろうと

宇佐を歩くぞねダッシュ(走り出すさま)




この日は

ちょっと狭い路地を選んで歩く。




そしたら

全国共通の懐かしいモノ発見ひらめき
P1010861.jpg
3人で

「これって動くがやぉか…」としばし悩む。



 

「よし、100円いれてみよう

と田原さん100円投入。



すぐさま

中央にお砂糖が落ちてきて

ウィ〜ンって機械の中に風が流れて台風

綿菓子ができ始めた



「ゆうこりん、お箸あるっexclamation&question]

「あっ、ほらココにっココにあるよっ



アセるあせあせ(飛び散る汗)二人。



心の準備が整わぬまま

綿菓子づくりに必死な田原さん。
P1010865.jpg



そして


落下
P1010866.jpg



それを見て

ココロの準備をしてから

落ち着いて100円を投入するわたくし
P1010869.jpg




そして

無事 ありつく
P1010870.jpg
人間

学習が大事ですなかわいい




若い田尾君は初チャレンジ。


「もっと大きいのを作ってみたい…」と

密かな野望を語る田尾君。



叶うといいねわーい(嬉しい顔)






宇佐は路地が多いので

事故を防ぐための「止まれ」がいっぱい



そして「止まれ」の種類もいっぱい
P1010871.jpg


P1010903.jpg


P1010904.jpg




下から眺める宇佐大橋はいつもと違う感じ
P1010885.jpg




午後近くには

雨も上がり陽も晴れ射しはじめた。




そして この日

綿菓子を超える右斜め上テンションだったのが

フカフカの浜辺
P1010898.jpg
雪の中を歩いているような

フッカフカの砂浜に

「なにこれーーーっ

と浮かれる大人3人。 






浮かれるあまり



こんなこともしてみた。
P1010899.jpg
太陽 海 砂浜 流木とくれば

書くしかない




浮かれ気分は絶好調だ




ただ…

今となれば


大好きな江頭2:50分と

相合傘でも書けばよかったと

ちょっと悔やみ中。










posted by 土佐市雇用 at 15:47| Comment(0) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。