2014年02月10日

須崎でちょこぶら♪

全国的に

数十年ぶりの大雪雪だとか

東京都知事選だとかで

ワサワサダッシュ(走り出すさま)していた日曜日。





高知は

特に何事もなく

前日までの寒さとは打って変わり

むしろ穏やかで暖か晴れ




この日は

すさき女子と歩く、須崎ちょこぶら60分



須崎市のまちあるきに行く予定やったき

お天気がやったがやけど
P1010363.JPG



朝から

快晴晴れの空を眺めては

日頃の自分の行いの良さを振り返ってみる。



振り返ってれば

たいして良い行いもしてないことに気づきひらめき





「神様、ありがとうございます

これから まちあるきに行ってきます。」






心でそっと神様に感謝しぴかぴか(新しい)

いざ 須崎へ車(セダン)




この日のコースは

『SABA(鯖)コース』






NHKの「家族に乾杯」という番組で

鶴瓶さんも訪れた

干物屋「弘田商店」を訪ね


こだわりの鯖みりんを

七輪で炙ってたべる、

食いしん坊にはもってこいのコース手(チョキ)わーい(嬉しい顔)





この日のメインガイドカラオケは上野伊代さん。

サブガイドは大崎緑さん。
P1020527.JPG
まさに すさき女子〜かわいい




こんな可愛らしい女子二人に案内していただくなんて

おばちゃんの私でも嬉しいのだから

おじちゃんなら尚更であろうと思う。





そして

こうして今日のコースを

説明して下さっている間に

わたくしの脳内と胃袋は

いつでも鯖みりんカモ〜ンハート(トランプ)状態に







上野さんの飾らないお人柄と

大崎さんのおひさまのような笑顔に案内され

小一時間ほど ろいろいするよ。





・上野さんの説明が本当に上手〜キスマーク
P1020528.JPG


・途中も色々教えてくれる本
P1020529.JPG


・個人的に気に入ったネーミング
P1020533.JPG


・何を覗いているのかな、ナイショ
P1020534.JPG





30分ほど歩いたところで

上野さんが

ほら、あそこが弘田商店ですよっexclamation

と 指させば




聞こえたかのように

弘田商店のドアがガラガラと開き

「いらっしゃいませ〜るんるん



店主が笑顔で迎えてくれた
P1020536.JPG



P1020537.JPG




店内では

七輪の上で美味しそうに

鯖みりんが焼かれており

P1020539.JPG






この日一緒に行った田原さんは

一番に着席。





ナイス ポジショニング。

あっぱれ、田原さん





身も心も

準備万端な事がうかがえる。
P1020538.JPG




弘田商店さんは

現在親子で営まれており

ほうぼうから納品してほしいというお声があるけれど

大量生産ではないので

主な市場は須崎市なのだそうだ。





缶のお茶が「熱いっあせあせ(飛び散る汗)」と言いながら

ご説明下さる弘田さん。
P1020540.JPG



主に須崎でしか食べられない鯖みりんを

心していただく

しかも ちりめん丼まである〜ひらめき





「ゆうこりん、ほらっ鯖みりん
P1020543.JPG





「うん田原さん。鯖みりんっ
P1020544.JPG




「おっと、ちりめん丼もあるきね〜
写真.JPG
美味しいモノを前に

自然とテンションの上がるグッド(上向き矢印)2名。







また

「鯖みりん」が名物というだけあって

みりんも手作りながやってexclamation×2




どうりで

どうりで

美味しいと思うたよ〜




ソッコーで

鯖みりんの購入を決断手(グー)




わたくし

こんな美味しい鯖みりんを作ってる弘田さんと

記念写真が撮りたくなり

「田原さん、弘田さんと記念写真を撮ろうカメラ



弘田さんの意志は無視し

上野さんにカメラを渡し 撮ってもらう。
P1020549.JPG
ついでに言えば

上野さんの意志だって無視だ。




そんなこんなで

充実の小一時間を終え



帰りは

汽車が通らない土佐市民ならではの

汽車が通るというだけで嬉しがり

今となっては意味不明な

汽車との2ショット。




「田原さん。汽車ーっ♪」
P1020547.JPG
嬉しがりの声は

汽車にかき消される。








posted by 土佐市雇用 at 10:54| Comment(4) | とさあるく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。