2013年12月20日

『食のテキスト』づくり講座最終日のはずが…

農水産物の背景や栄養

調理法や生産者の想いなどを

1つにまとめテキスト化しようという


〜しっかり伝えてお金に変える〜

『食のテキスト』づくり講座





全国で食のテキスト化を勧めていらっしゃる

食総合プロデューサ 金丸弘美氏の基調講演と
001.JPG

004.JPG
ワークショップ3回を合わせての全4回が終了しました



ワークショップでは

講座参加者が

テキスト化したい農産物別に7チームに分かれ

それぞれ模造紙を作り込んでいきますメモ




初日は戸惑っていた各チームも

回数を重ねるにつれヒートアップグッド(上向き矢印)



アイデアと調査した内容が

模造紙に落とし込まれていきます。
s-008.jpg
ありがたい事に

ワークショップには毎回

野菜やら料理やらデザインの本本をたくさん持って

市民図書館が出張してくれ

皆さん大助かり〜手(チョキ)




■ハーブチーム
s-001.jpg



■キリンサイチーム
s-002.jpg



■きゅうりチーム
s-003.jpg



■生姜チーム
s-004.jpg



■ニラチーム
s-005.jpg



■文旦チーム




最終日は各チーム発表




と、その前に

まずはみんなで

各班のテキストを一斉チェーックっひらめき




他の班はどんなかな…ドキドキハート
s-012.jpg



「ここのチームなかなかの出来ざますワるんるん」 「どりゃどりゃ」
s-014.jpg



皆さん、熱心にご覧になっております
s-018.jpg



チェックも済んだところで いざ発表へ。



トップバッターは

■生姜チーム

土佐市を代表する農産物だけに情報がモリモリ。
s-019.jpg



皆さん 真剣っ耳
s-021.jpg



■メロンチーム

メロン農家の野瀬さんが語ると 説得力がありありです。
s-024.jpg



■ニラチーム

坂本さんとニラ農家の森岡さん。それぞれがきれいに役割分担。
s-026.jpg



■ハーブチーム

新居でハーブ園を営む堀内さん。写真が効果的です。
s-029.jpg



■キリンサイチーム

何年も前からキリンサイに注目していた大野さん。先見の明あり☆
s-034.jpg



■文旦チーム

文旦農家「高知ファーム」の森田君。 情報はばっちりです。
s-039.jpg



■きゅうりチーム

特徴なんてない〜と言いながらキュウリの魅力をいっぱい伝えます。
s-041.jpg

とりあえず 講座は一旦ここで終了。





ですがっ


もっともっと 良いテキストにするために


なんと課外授業実施決定です




土佐市の農産物が

いっそう魅力あるものになるよう

更にテキストを作り込みます。



きっと素晴らしいものになる予感

ウズ揺れるハートウズしておりますわーい(嬉しい顔)








posted by 土佐市雇用 at 12:00| Comment(0) | 研修・講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。